« イタリア | トップページ | コロッセオ(ローマ) »

Firenze

P1020502  1991年に初めての海外出張としてエンジニアリングの国際会議に参加するためにこの地Firenzeを訪れました。Firenzeに到着した翌日,少しだけ時間がとれたので通称ドゥオモ(Duomo)と呼ばれるサンタマリア大聖堂(Santa Maria del Fiore)の最上部まで登りました。そこであやしい人に関西弁なまりの声で「日本人の方ですか?」と話しかけられました。同じ会議に出席されていた大阪の大学のKさん。
 この国際会議には,Kさん以外にも,Fさん,関東の大学のNさん,企業から来られていたIさんなどかなり個性の強い同世代の日本人の幾人かが参加していました。その後,これらの方々とは細々とながら交際を続けています。どの人も学位(博士号)を取るための活動の一部という目的があったようで,互いに切磋琢磨? いや意地を張り合いながらやがてそれを達成したんです。熱い,篤い,厚い,暑い人たちばかり。今ではKさんは大阪の工科系大学の教授,Nさんは東北地方の大学の助教授,Iさんは大企業の幹部,Fさんも関西の大学の准教授になってます。当時は,駆け出しのエンジニアだとか,助手だとかだったんですけどね。
 それはともかく,当時次男を出産したばかりだった家内にも,この美しい町を見せてあげたいとずっと思っていて,それが叶うのに18年もかかってしまった。
 写真は,Duomoの天井のフレスコ画。本当にデカイ。

|

« イタリア | トップページ | コロッセオ(ローマ) »

コメント

律儀なTさんだから、と期待して久しぶりにチェックさせて頂きました。美しい町並みと荘厳なフラスコ画?(良くわかんないけど)
やっぱキリスト教が根付いてるってカンジですね。続きを楽しみにしてます。ぜひ旨いものも載せてください(^・^)/

投稿: しみしみ | 2009年4月19日 (日) 21時32分

しみしみさん
 コメントありがとうございました。写真に多少の解説を付けて,淡々とイタリア旅行で感じたことを書き綴ってみようと思います。本当に私が律儀ならかわいいのですが,この頃は私的な生活は思い切りルーズにしています。そうでないと精神的にもたなくて。
 今回の旅行では700枚ぐらいの写真を撮影しました。そのほとんどが,実のところ家内の写真なのです。本人の許可なく掲載すると,あとで叱られそうですが,止むなくところどころ入ります。

投稿: hiroshi | 2009年4月22日 (水) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア | トップページ | コロッセオ(ローマ) »