« サン・ピエトロ大聖堂 | トップページ | ピエタ »

スイスガード

P1030014 サンピエトロ大聖堂へ入る途中,普通の人は入るはずのない階段の上の入り口に立っていた衛兵,スイスガードと呼ばれる方々なのだそうです。F神父様曰く「可愛い制服を着ているけれども訓練された優秀な兵士たちです。この人たちのところで悪い事はできません。」
 500年来,法王庁の警備にはスイスの兵士達があたっているのだそうです。そもそもバチカンは小さいけれど一つの独立国家。その国を守るのはスイスの兵士達というのはこれまた不思議な感じです。 「そもそも国ってなんなんだろう」ヨーロッパに来るとつい問いたくなる疑問です。

 見ていると,ときどき手前の階段を上がる人がいて,スイスガードと何やらしばらく交渉ごとをし,やがて残念そうに同じ階段を降りて来るというありさま。一体何を交渉しているのでしょう。
 ちなみに,この素敵な制服は,ミケランジェロのデザインだとか。

|

« サン・ピエトロ大聖堂 | トップページ | ピエタ »

コメント

なんでスイスなんでしょ?中立国だから?
不謹慎ながらピエロのような可愛い制服。
でも、ミケランジェロのデザインが、いまだに採用されてるところにびっくりです
(*≧m≦*)

投稿: しみしみ | 2009年6月 1日 (月) 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サン・ピエトロ大聖堂 | トップページ | ピエタ »