« ピエタ | トップページ | 生と死と天の国を感じて »

ペテロの椅子

P1030061 初代キリスト教会の時代,教師は椅子に座って語ったのだそうです。椅子はその意味で権威の象徴。ペテロは人々にイエス様のことを語るとき,やはり椅子に座ったのだそうです。その椅子が現存するというのです。これまたびっくり。
 これらの写真は,サンピエトロ大聖堂の一番奥のところにある,聖霊様の臨在を意味する金色の光の彫刻と,その下の椅子です。ペテロの椅子はこの椅子の中に安置してあるとのこと。
 椅子に座られたペテロは,人々に何を語っておられたのでしょうか。

「『人は皆,草のようで,その華やかさはすべて,草の花のようだ。草は枯れ,花は散る。しかし,主の言葉は永遠に変わることがない。』これこそ,あなたがたに福音として告げ知らされた言葉なのです。」(ペトロの手紙一,1:24-25,新共同訳より)
P1030056

|

« ピエタ | トップページ | 生と死と天の国を感じて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピエタ | トップページ | 生と死と天の国を感じて »