« 2009年6月 | トップページ | 2010年5月 »

セロ弾きのゴーシュ

Byshin突然,ギターの写真など撮影してみたのは,自宅から単身赴任先のアパートへ向う車中で「みなみこうせつ」さんの声を聞いて懐かしくなったからです。その後CDショップで「かぐや姫」のベストアルバムを見つけほとんど衝動買いをしました。35年ぐらい前のアルバムにあった曲がたくさん入っています。貧乏学生だった私はこんなに良い音質でレコードを聞くチャンスはありませんでした。今でもこんなに素敵な歌声とギターの音が再現できるんですね。本当にびっくり。当時は徹底的に「かぐや姫」や「さだまさし」さんのまねをしました。やがて自分でも曲を書くようになり,学園祭や歩行者天国で歌ったり。
そしていつの間にかキリスト教会でギター奏楽の奉仕をすることになりました。多くの方々と良く歌いました。多くのクリスチャンは歌うのが好き。恋愛の歌ではなく,主イエスをほめたたえる歌ですけれど。
写真は私の末の息子の作品で”セロ弾きのゴーシュ”。こんな絵/版画を作品にするくせに,なぜか息子はあまり弦楽器,ギターを弾いてくれない。リコーダーを吹いてるかな。本当はちょっと寂しい父親です。


| | コメント (4)

タイムリープ

P1040106しばらく書いていなかったブログに書き込むのがタイムリープなのか,あまりに遠い昔を懐かしんでなのか不明なタイトルですね。タイムリープって言葉だって筒井康隆の小説にあったもので,その後ほとんど聞かないか。
この写真は私が17才のときに買っていまだに手放すことなく持っているギターです。水戸駅前の通り沿いの楽器屋さんでこれをみつけて,派手な外見に負けないぐらいどくとくな深みとシャリシャリした音が出るのが気に入ってどうしても欲しくなりました。あの日,店員さんは「これが売れるとは思っていなかった」と言っていました。確かにそうかもしれない。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2010年5月 »