« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

善悪の知識の実

P1040290 アダムとイブが食べた禁断の木の実が,リンゴのようなものだと描かれた絵画を見ることがあります。本当はどんな実だったのだろうか。そんなことをと思いめぐらしています。
 これは丹東で過ごした夜にパブでお土産として持たされた果物です。そもそもお酒を飲まない私にパブはないでしょう。苦笑してました。
 本来は私が接待をしなければならないお相手だったのですが,反対に遠方から来たお客様として私達が大変なおもてなしを受けました。断わることができず酒場に連れて行ったときにいただいたもの。珍しい果物もあったのでホテル自室のテーブルに置いて写真を撮りました。たぶん”善悪の知識の実”はそんなに美味しいものではなかったと勝手に想像しています。

| | コメント (0)

歩いてみて

P1040270 城壁の上はこんなようすです。きれいに整備されていたので周囲の緑と相まってハイキングコースのようです。この城壁で北方からの異民族の侵入を防いだという雰囲気は感じられません。当時の時代背景を理解しないと難しいかもしれません。

P1040258

| | コメント (0)

万里の長城の入り口

P1040252  万里の長城の入り口はこんなところです。この写真を見ると高さが想像できます。


P1040256

| | コメント (0)

万里の長城

P1040280 全く予定外の訪問でしたがこれがいわゆる”万里の長城”です。総延長が8,000kmを越えると言われる城壁にあって丹東市は最東端にあたります。実際一番端の城壁に立ってみました。この城壁は,結構な高さがあります。案内して下さった方によると中国では一里は500mなのだそうですから本当に一万里を越える長さがあるんですね。

| | コメント (0)

蚕 Silkworm

P1040182 食べかけのごちそう? 中国訪問ももう何回もしていますが,これは初めて食しました。蚕(かいこ)です。舌触りは濡れたクロワッサンみたいな感じ。さなぎというか虫の匂いが半日,鼻のまわりにまとわりついて結構つらかった。
 日本でも長野県では蚕の佃煮を食べる習慣があるのだそうですが,似ているのかなぁ。

| | コメント (0)

ひとびと

P1040354 遊覧船はかなり北朝鮮側の岸にも近づくので,北朝鮮の人々を少しだけ垣間見ることができました。動いたのを見たことがないと地元の方が言われていた観覧車とか,船舶,工事用の重機などもありました。日本とも,韓国とも,そして必ずしも中国の人々とも良い関係にあるとは言えない北朝鮮の人々ですが,いつか手を携え合う日が来るのでしょうか。韓国にも友人が幾人かいる私達にとって身近で,切実な期待です。

| | コメント (2)

遊覧船

P1040306 こんな遊覧船に乗るのです。この日は,天気も良かったし,気温も30℃ほどにもなりました。川面はとても穏やかで気持ち良い風が吹いていました。

| | コメント (0)

中朝友好橋

P1040435 この橋の左側が中国遼寧(りょうねい)省丹東市,右側が北朝鮮新義州特別行政区新義州特別行政区。ときおり物資を運ぶトラックが中国側から北朝鮮側に走って行くのを見ました。

| | コメント (0)

鴨緑江

P1040420_2  鴨緑江は,’おうりょくこう’と読むらしいです。母が知っていたので少々驚きというか,関心したというか。  鳥の鴨の首のようにきれいな緑色の河という意味とか。川下から川上側、南西側から北東側を見て撮影しました。あまりおもしろくない写真ですか? そうですよね。  右側は中国丹東市,左側は北朝鮮なのです。出張帰りの飛行機まで少し時間があったので案内していただいた遊覧船上から撮影しました。この左右は対照的,コントラストが強いというか。しばらくこの地方の写真を続けて掲載してみようと思います。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »