« 善悪の知識の実 | トップページ | 虹 »

鐘が割れるほどに

Dscn1645 一年振りにアメリカ,ペンシルバニア州のフィラデルフィアを訪れました。この町には”リバティベル”とか”自由の鐘”と呼ばれる鐘があります。アメリカが独立戦争(1775-1783)の少し前1753年にこの地に設置されたそうです。独立宣言や奴隷解放宣言などアメリカの歴史を見て来た証人。初期にヒビが入ってしまったそうですが,それほどまでに大事な記念,喜びの象徴として打ち鳴らされて来たのでしょう。
 求め信じたものを得たとき,悲しみにさいなまれたとき鳴らされた鐘。日本人にしてみればこの鐘そのものは記念ではないです。ただ祈り,信じ,祝福が与えられたとき,神さまに助けを求め叫ぶときこの鐘にヒビが入ってしまったように真剣に祈り,感謝できたら良いのにと思うこのごろです。

|

« 善悪の知識の実 | トップページ | 虹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 善悪の知識の実 | トップページ | 虹 »