« 我が家の書初め その1 | トップページ | 久し振りに家族が集まって »

我が家の書初め その2

P1040636『恋人よ,あなたをたとえようファラオの車をひく馬に。房飾りのゆれる頬も玉飾りをかけた首も愛らしい。あなたに作ってあげよう銀を散らした金の飾りを。(雅歌1:9-11,新共同訳)』
雅歌(がか)が聖日礼拝のメッセージで引用されることはまずないですが,こんな聖句というか詩があって驚きです。
我が家の詩はとんでもない状態!

|

« 我が家の書初め その1 | トップページ | 久し振りに家族が集まって »

コメント

こんにちは。
久々に除いてみたらたのしい投稿が…happy02

いいイベントですね。家でもやってみたいです。

投稿: まゆげくん | 2011年2月 3日 (木) 13時33分

「だが、断る」

…最高ですね!happy02

こんな習字だったら私もやってみたいです☆

投稿: | 2011年3月 6日 (日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家の書初め その1 | トップページ | 久し振りに家族が集まって »